喫煙に求めていたものはVAPEにあった

雑記・写真・日記・説明的な事 , 電子たばこ VAPE 12月 02, 2017 No Comments

タバコは二十歳の誕生日に頂いたラッキーストライク1カートンから。

どれが美味いか気になって、手に入る銘柄は全部試したはず。
甘い香りのするシルクロードってタバコ好きでした。

 

香りが良いと言われ、葉巻も予算が許す範囲で試してみた。

良い香りに包まれる感じと、ゆったりとした時間が好きでした。

 

ハッカパイプも吸うよ。
柘製作所(tsuge) ハッカホルダー ブライヤー #50690
スースー感がちょっと物足りないけどね。
事務所でくわえておけるのは魅力だね。

 

禁煙して約10年。
VAPEという電子タバコに出会ってしまった。

吸った瞬間、「これでイイんだよ!これがイイんじゃないか!」と何処かで聞いたセリフをつぶやいてました。

一生かかっても全部試すの無理であろうフレーバーの数に圧倒され、
自分でコイルを巻き、セッティングを試行する楽しさを知り、
吐いたケムリで遊ぶトリックを練習してみたり、
リキッドを組み合わせてオリジナルのフレーバーを作ったり、
コイルを巻くワイヤーすら自作する世界も知った。

なにより美味い。
ケムリが甘い。
そして臭くない。

タバコから始まったケムリへの要求はVAPEが満たしてくれた。
二十歳にこれがあればタバコ吸わなかったのになー。

知ってしまえばわかりやすく奥の深い趣味です。
嗜好品なのに趣味って時点で普及が難しい事はわかります。
過度期って一番楽しい時期ですよね。

最近何となくつかみかけてきたので、VAPEの事もぼちぼち書いていこうと思います。
もっと普及してほしいような、ほしくないような。
適当に楽しんでいるおっさんの感想ですが、よろしく。

 


最初に買ったヤツ。いまだ現役です。

 

 

msht