ゼブラのスライド式ボールペンが俺の手帳にジャストフィット!

文房具&工具 3月 18, 2014 No Comments

ゼブラ「スライド式油性ボールペン SL-F1mini」をメモパッド(ブロックロディア No.11)用に買いました。

このペンを選んだ理由が、収納時に短くなる事と、ペン先の収納がノック式で無い事。

まずノック式で無い理由が、いつのまにかノックされていてシャツに落書きしてしまわないように。

そして短くなるのはやっぱり携帯しやすいからです。
これまで少し短い手帳用のボールペンも使ってましたが、ロディアNo.11より少し長くポケットに引っかける事もしばしば。
しかもノック式だったので、落書きどころかポケットに穴が空くしまつ。
短くなるとそれだけ引っかかる事も無く、ポケットの一辺より短くなると斜めに突っ張る事も無いです。

この長さが、(108mm)

SL-F1mini

ここまで短く。(85mm)

SL-F1mini

分かり難いのでロディアと比較。

SL-F1mini

ロディアNo.11より短くなります。

SL-F1mini

しかし長さを合わせてみて、ここまで短くなくても良いぞ。と思った時ひらめいた。

普段、ロディアにこんなカバーを付けて使ってますが、これにはペンホルダーが付いてません。

SL-F1mini

そこで、ここ!

SL-F1mini
どうです?ジャストサイズ。
これだとペンも持ち歩けるし、別のペンがあるときにそのまま開けるので邪魔になりません。
脱着を繰り返すとカバーが駄目になりそうな懸念もありますが、そうなったとき考えるとして、これは自分の中ではかなりヒット。

ペンは安価なのに高級感ある仕上がり。カラバリも8種類あり、かわいいのもありました。
伸ばすとペン先が出てくる仕組みは、楽しくて何度か遊んでしまいましたし、書いている時に縮んでしまう事も今のところありません。
かなり良くできていると思います。

書き味は油性ボールペンとしては良い方じゃないかな。
ジェットストリームのようなスラスラ感は無いけど、インクが出にくくてストレスって事は今のところ無いです。
伸ばした状態でも若干短いのと、表面がさらさらしているので掴む手に力が入ってしまうのか、長めに書いていると指が痛くなります。
しかしメモを取るといった本来の用途を考えれば、かなり満足のいく商品だと思います。

交換用のインクは汎用性の高い「4C-07」。出先のインク切れでも大丈夫。

SL-F1mini

交換の仕方はペンを縮めた状態で、ペン先のシルバーの部分を回せば外れます。
ペン先を触らないように気を付けてリフィールを抜けば交換可能です。

筆記用が無いと落ち着かない人にも、どこでも忍ばせておけるのでおすすめです。

 

 

 

 

黒やピンク、ネット探せばドット柄なんかもあるみたいですよ。

msht