チープなオーディオ・アンプ Lepy LP-2024A+

ガジェット , 音楽 5月 22, 2015 No Comments

20年程使用してきたオーディオ・アナログ・アンプが壊れてしまいました。
今の私にアンプだけに何万も出せる余裕がある訳もなく、良い音を諦めたまま放置する事数年間。
たまたま(本当に偶然)アマゾンで見つけたこれ。

Lepy 新モデル LP-2024A+ 20W×2 Hi-Fi デジタル オーディオ アンプ
Lepy LP-2024A+

この価格ならと、レヴューに釣られて買ってしまいました。
正直期待などしてません。スピーカーとCDプレイヤーが勿体無いと思って。

届いてあまりの小ささと、軽さ・安っぽさにびっくり。
こんなのでまともな音が出る訳ないと思いガックリ。

とりあえず壊れた重くてデカいアンプと交換。
数時間エージングしろと書いてあったので、出かけるついでにかけっ放しに。
この時点でそこそこ良い音がしていて焦ってました。
数千円のこんな軽いアンプで、こんな音出されては困るなーと。

7時間ぐらいたってCDから聴いたところ、やはり良い音がしてびっくり。
エージングの効果は良く分かりませんでしたが。
今までのアンプ程の心地よさは無いけども、デジタルアンプだからでしょうか、クリアな音質が今の耳にちょうど良い。

トーンコントロールが付いてますが、これはいまいち。不自然な音に感じました。

もちろんこれはアンプなので、スピーカーによる所や相性等が大きいですが、

lepy02
このONKYOスピーカーはしっかり鳴らしてくれてます。

重くて高価なアンプにくらべ、どことなく解像度が低いのにエッジが立っている印象。
音に包みこまれるとか、音が絡み付く感じでは無く、オープンな空間で良いオーディオを鳴らしたような、気持ち良い開放感があります。
これは好みだとは思いますが、今の私には後者の方が心地よかった。

lepy03
さらにミニジャック入力にiPhoneを繋いでみて、これは買って良かったと実感しました。
もともとiPhonでイコライジングされた音が、シンプルに増幅されて素直に鳴っている感じ。
もちろんアンプ側のトーンコントロールはOFFです。
まったくイコライジングされて無いCD音源を鳴らすより、気持ち良く聴けました。
アナログアンプに無理やりiPhone繋いでも良い音しなかったので、これは嬉しかった。

音源をiTunesストアーで購入するようになって、
昔ほどボリュームを上げられなくなって、
でかいオーディオを積む事自体歓迎されなくなって、
オーディオに何十万もつぎ込む事の出来ない今、
そんな今の私にピッタリのアンプじゃあないでしょうか。

極端な気もしますが、私はこれで十分だと思いました。
お気に入りのONKYOスピーカーにLepyのアンプ、これにiPhoneを繋いで楽しむ。
シンプルで軽量、そこそこ良い音、これで良いんです。

一角を占拠していたオーディオラックを解体して、なにか憑きものが取れた気もしました。(この気持ちが今回のハイライト)

物が中華アンプなので、仕様が安定してなかったり、偽物もあるらしく、気分的におすすめしたくは無いけども、家に昔のオーディオが積まれているのにアンプがノイズを吐いて聴いていない方。こんな選択もアリですよと、そっと書きとめておきたい買い物でした。

値段が安いので、遊びでガレージなんかで音楽聴く用にもう一個あっても良いですね。

一応スペックは以下の通り。
lepy01

Lepy LP-2024A+

・ 入力電力:DC10-14.4V
・ 出力電力:2chステレオ(20W+20W)
・ SNR:>80dB
・ 周波数:20Hz-20KHz
・ インピーダンス:4~8Ω
・ 全高調波歪み:<0.4%
・ サイズ:14×11.8×4.1cm 重量:270g
・ 付属品 ・LP2024A 本体・ACアダプター 12V5A

20W出力なんで、大きいスピーカーはちゃんと鳴らないかもね。


私が買ったページリンクですが、同じアマゾンでもいろんな出品者が微妙に違う似た商品を販売しています。
当り外れはあるかも知れませんので、しっかり選ぶと良いと思います。

msht