デザインに惚れた。ラミーの万年筆 SAFARI スケルトン

久しぶりに実用性を無視してでも欲しいと思った文具です。
LAMY 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ スケルトン

safari01
万年筆ってのは自分にとっていけ好かない奴で、あまり関わりたくない文具でした。
無駄に高級感あって、黒と金で、書きにくそうで、お高くとまっているイメージ。
そんな訳で文具店でもあえて視界に入れてませんでした。

しかし、たまたま入った文具売り場のボールペンが並んでいる所で「お、カッコイイ」と手に取ったペン。
しっかりとした質量に、大きく主張するクリップ、良い感じのサイズ感。
キャップを外すとそこには、あのいけ好かない万年筆が・・・

一瞬固まりました。 なんでここに万年筆?
万年筆はショーケースに入ってるもんでしょ?
高級感無いし・・・ と偏見爆発。

しかし試し書きされまくったスタンドに立てられた、自分のイメージと真逆の万年筆に心奪われて、ついに買ってしまいました。

safari02
もうね、この大きくシンプルなクリップがたまらんのです。

safari03
それとキャップをお尻に被せたシルエットがカッコイイ。

しかも3000円くらいと実用性のある価格が良い。

とにかく自分にとって、持ってるだけで幸せ的なアイテムでした。
しかし買ったからには使わなきゃと、先ずはネットサーフィン。

書き方、メンテナンスなど情報を入手します。
完全に腫れものを扱う気分です。

そして一筆・・・・・・・

safari04
なにこれ?めっちゃ書きやすい!
スルスル書けるし、なんかイイ!
青インク好きなんで、最初から青インクなのは嬉しい。

食わず嫌いでした。
万年筆さんは良い奴でした。

そもそも事前のネットサーフィンで知った事ですが、万年筆は筆を寝かして書くらしい。
ボールペンを寝かし過ぎて線が途切れる事のある私にとって、もしかしてベストな筆記具ではないでしょうか?

最近は伝票サインや色数が必要な所以外、殆どこのサファリを使ってます。
買って2週間でインク無くなりそうです。

万年筆の愉しみとして、好きな色のインクが選べるのがあります。
ここはコンバーターともう少し濃いめな青インクを買って楽しみたい。
そして赤系統のインク用にもう一本欲しい。
と、完全に万年筆にハマってます。

あまり使う事の無い筆記具ではありますが、一度使ってみると良いと思いますよ。


今回購入したスケルトンボディーのサファリ。


そろそろこのコンバーターを買って、インク吸い上げますよ。


インクはこれをねらってます。