任天堂3DSの魅力は裸眼立体視!

ゲーム 4月 09, 2019 No Comments

任天堂3DSを買い換えました。

買ったのはnew3DSLLの中古です。

ちなみにnewではない3DSLLも持っているし、new専用ソフトも遊ぶ予定はないです。

じゃあ何故わざわざ買い換えたかと言うと、裸眼立体視の安定目的。

3Dは必要ないと言われ続け2DSを出して3DSを生産終了にするなんて、メーカーが答えを出してしまった感がありますが、
個人的には裸眼で3D映像のゲームが出来るワクワク感がこのゲーム機の醍醐味だと思ってます。

確かに画面が荒くなり動きがスムーズではなくなるけど、それ以上に体験として楽しい。

new3DSは顔の位置を検出して立体のブレを調整してくれるので、ずーっと同じ姿勢でプレイする辛さは軽減しました。
調整が入るとき少し画面がぶれるのが少し残念ですけどね。

 

特にセガ3D復刻アーカイブスのアウトランやスペースハリアー・アフターバーナー等が3Dでプレイできるのは、
3DSでないと体験できない楽しさがあります。

勿論ゼノギアス等のRPGで探索時の没入感も楽しい。


3D機能なんて忘れてたって方は、たまにはスライダーを上げて楽しんで欲しいと思います。
こういうゲームプラスアルファの体験を提供してくれる任天堂の姿勢がとても好きなんです。

 



無くなる前にどうぞ

 

msht