これぞコンデジ!「Cyber-shot DSC-WX300」

私が普段持ち歩いているデジカメ。SONYの「Cyber-shot DSC-WX300」
これがなかなか面白いカメラです。

sony

ポケットに入れるカメラとしての私の条件「軽い・小さい・レンズが飛び出てない」を満たしてます。
このサイズ(煙草の箱くらい)と値段(2万切ります)と軽さ(ポケットがだるーんとしません)で20倍の望遠。
かなり衝撃的です。しかも簡単に綺麗に撮れる。望遠でもそこそこ綺麗に撮れます。

そして撮影モードが「プレミアムオート」と「おまかせオート」に「プログラムオート」と殆どオート。
プレミアムオートでとりあえずシャッター押せば良いよ。ってコンセプトじゃないかと。
色々設定する必要が無いと言うか、設定自体が無いし、する必要が無い。
カメラが好きな人は毛嫌いするんじゃないかな。

とにかくポケットから出して、レンズ伸ばして、シャッター押す。 それだけ。
それだけで綺麗な写真が撮れますが、それ以上もあえてそれ以下の写真も撮り辛いのも確か。
とにかく面倒な事はどうでもいいけど、目の前のアレを綺麗に収めときたいって場合にはこれ以上ないくらいベストです。

フィルターでトイデジや美白なんかもあったけど、
それらはスマートフォンに取り込んでからフィルターかけた方が良いような気がします。

あとは動画がAVCHDに対応している事。
写真の合間にたまに動画で撮りたいって場合には十分活躍してくれます。
動画撮影中でも、シャッター押せば動画に影響なく写真が撮れるのも良いです。
ただし画質が落ちるようです。

スマートフォンのカメラが良くなってだいぶ衰退しているコンデジですが、速射・ズーム・明るさはやはりコンデジの方が上です。
常に持ち歩いていて、身の回りの物や出来事をサクサク撮りたい人には、このカメラはお勧めです。

このカメラ使っていると、コンデジってこれで良いやん。この使い勝手こそデジタルやん。と思ってしまう。
欲を言えば液晶をタッチパネルにして、ピントを突いて指定出来ればもっとデジタル感があって良いのになと思います。

白、ブラウン、赤(ピンク?)のカラーもありますよ。