日本の地ウイスキー、江井ヶ嶋酒造の「ホワイトオークあかし」を飲んでみた。

イオンのウイスキーコーナーを眺めると見た事ないボトルを発見。
それが江井ヶ嶋酒造の「ホワイトオークあかし」でした。

akashi01

江井ヶ嶋酒造は、兵庫県明石市にある日本酒のメーカーですが、ウイスキーも作っているとの事。
個人的に瀬戸内海を挟んだ、自分に一番近い蒸留所って事で嬉しくなって買ってしまいました。
akashi02

地ウイスキーは初めてです。どんな感じなんでしょうか?

グラスに注ぐと瓶より淡目の色調。
akashi03
香りはアルコールの刺激の奥に香ばしさを感じました。

口に含むと予想以上の口当たりの良さにびっくり。
とてもスッキリとした口当たりで、刺激をあまり感じません。

味は甘めで、口当たりの良さと合わさって、ストレートで飲んでも飲みやすい。
レーズン系の風味を感じましたが、それほど強く無く、個性は弱め。

しかし加水すると風味や甘みの他に、煙たさもアップ。
少量の加水がちょうどよい風味になります。
今は寒くてやってないけど、ロックで飲むとちょうど良いかな。

アルコール40度、500mlで1100円程です。
価格を考えても美味しいウイスキーだと思います。
ただ個人的には個性が薄く、物足りない感じがしました。