バランタイン・ファイネスト 飲んでみた

飲食 4月 04, 2015 No Comments

角瓶並みの値段で、どこでも売っているスコッチ。「バランタイン・ファイネスト」を飲んでみました。

ballantine01
Ballantine’s Finest

気になってはいたけど、どこでも売っているのと、名前が好きじゃなかったのと、ボトルのデザインが好みじゃなかったので、今まで買う事がなかったウイスキーです。

今回、予算の都合で目にとまったわけですが、
何やら注ぎ口が変わったらしいシールが貼ってます。

ballantine03
なるほど、樹脂を使用した密閉性の高そうなキャップになっています。
注ぐ時の液切れも良く、垂れたりしません。

ballantine04
注いでみると色は薄め。
香りはマイルドなのに複雑な感じ。
かなりブレンドされてるだろうなーと想像させます。

ストレートで飲んでみましたが、とてもマイルドで飲みやすいです。
よくあるアルコール臭さもあまり感じず、まったりとしてます。

ballantine02
突出した特徴があるわけでも無いのに、全体の印象は個性的で、これがブレンダーの技かと思わせてくれました。
なぜか天下一品のラーメンをイメージしてしまったけど、どうしてそれが浮かんだのか自分でもわかりません(笑

口いっぱいに広げて香味を楽しんで、飲み込んだ後の余韻が心地良く、これが1,000円のウイスキーである事を忘れてしまうくらい美味しいですね。
この価格帯のウイスキーでは個人的にベストです。
シングルモルトの個性を好む方や、バーボンが好きな方には好まれない味かもしれませんが、ウイスキーに慣れて無い方や、色々試したい方にはお勧めしたいウイスキーです。

 

msht