真空断熱グラスでウイスキーをロックで飲む

雑貨 , 飲食 6月 20, 2014 No Comments

暑くなって、ロックでお酒を飲む事が増えました。
そこでどうしても気になるのが結露と薄まったお酒。

これを解消すべく真空断熱ステンレスグラスを買ってみました。

ドウシシャの「ずっと飲みごろステンレスグラス DSG-250MT」

mag

決め手はずばり価格。800円ほどでした。
もっと安いニトリの物は、底の処理があまりにお粗末で却下。
本音を言えば2重構造のガラス製品が欲しかったけど、値段は高いし、割れる心配があるので断念しました。

今回はこのグラスでウイスキーをロックで飲む事について書いてみます。

まず容量は普通のロックグラスと変わらない感じです。
氷もたっぷり、大きな物も入ります。

しかし、ウイスキーを注ぐ際に問題発覚!
どんだけ入れたのか、わからなくなります。見えないから当然と言えば当然。
それに雰囲気無いです。かなりインダストリアル。
結露はまったく無いです。これは嬉しい結果。
濡れた指を拭かなくてもよくなりました。

しかし!! グラスを触った時のヒンヤリ感も無いです。やっぱり雰囲気無し。
今回は冷蔵庫で作る角氷を入れたのですが、飲み終わるまで殆ど溶けませんでした。
なので、ウイスキー自体は冷えているけど、味は薄くもならず、期待通りの結果です。

しかし!!! 中途半端に溶けた氷同士がくっ付いて、ブロック状の氷に。
それが飲むたび唇にゴンと落ちてくる。まるで凍らした水筒の麦茶。
グラスの中でカランってなるアレが全くない。やっぱり雰囲気無し。
そして飲み終えました。
最後までウイスキーは冷えているが、薄まらず。
結露しないので机や指を拭く必要も無し。

しかし!!!! 中が見えないし氷も溶けないので、いきなり無くなった気がします。
飲み終えたグラスに固まった氷を見て、おかわりする気も萎える。
今回の反省点は氷の入れ過ぎですね。
総評として、効率よく飲むなら最高です。
その代償として雰囲気ぶち壊しです。
1人で飲んでてもお酒は嗜好品だなーと、再確認させてくれました。

まあでも、冷やして飲みたい時はコレ使うでしょうね。便利だから。
ウイスキー用としてはおすすめしにくい商品ですが。

やっては無いけど、アイスクリームやカキ氷を入れると長く楽しめるんじゃないかな。
そのくらい保冷力はすごいです。
氷水の氷が3時間たっても残ってました。

俺はこれで飲むけど、お勧めはしない! 自己責任で。

 

msht