ASUS Vivo Tab Note 8 を入れる物を探してみる。

ASUS Vivo Tab Note 8のケースを探してみましたが、iPhoneになれてるせいか、ケースが無い事にびっくりしました。
カバーはあきらめて、持ち歩き用のポーチを探していたら、雑誌「MonoMax」の付録「BEAMS LIGHTS クラッチバック」が良い感じにフィット。

tabrio01
小物用のポケットも付いていてメモリーカードやUSBケーブルが入れられて便利。
しかし仕事で使うとなると、やはりあのバリバリ音が気になり、鞄からバックを取りだして、そこからタブレットを取りださなければならず、場所によっては不便でした。

そこで見つけたのがキングジム「タブリオ」。

tabrio02

見た目そのままの使い方。スリップオン方式。
大きいポケットが1つ。小さいポケット(マジックテープで中央が止まります)が1つ。

tabrio03
後ろには大きいポケットが1つ。

tabrio04
Tabrioと書かれたタグはペンが挿せます。

特徴なのはしっかりした台紙と大きな持ち手。
これのおかげで大きな鞄の中でもへたる事無く、持ち手もしっかりしているので取り出しやすい。

tabrio05

tabrio06
鞄にタブリオを残したまま、タブレットだけ取り出す事も可能です。

ポーターのユニオンのようなトートバックにも、こんな感じでスッポリ。

tabrio07

NOMADICのバッグインバッグに差し込めばさらに収まりよくなります。

tabrio08

何というか、潔い商品だと思います。
文房具メーカーならではのアイデアと潔さ。

会議室への持ち歩きにも便利だし、事務所の机の書類立にも入ります。
2つ目の大きなポケットにはノートの他、モバイル用キーボードも納める事ができます。
小さなポケットにはUSBケーブルとメモリーカード、おまけで付いてたTVチューナー。

家から会社、会社内、社外と持ち歩くのに、鞄から机、そのまま持ち歩き、ビジネスバックへと必要最低限の物を移動できるのでこれで良い。否、これが良い。
とにかくビジネスユースでかなりお勧めできます。

ちなみにプライベートでの持ち歩きは、いつも持ち歩いているティンバック2のマグナム。

tabrio09
これがサイズぴったりだったので、鞄を増やすことなく持ち歩けてます。

 

買ったのはSサイズ。 大型タブレット用の大きいサイズもありましたよ。
色違いも有り。