Book

現代語訳 武士道 読んでみました

現代語訳 武士道 (ちくま新書)

現代語訳 武士道

ちくま新書
著:新渡戸 稲造
翻訳:山本 博文

日本人の倫理や道徳意識を「武士道」として解説された書です。
解説に海外の言葉や思想を引用するなど、
外国の方に伝える事を意識しているのが良くわかります。

実際に読んでみると現代語訳と言うこともありますが、
それほど昔の書物の様に感じなかったです。
それだけ先見な内容なのか、不変の内容なのか。おそらく後者でしょうね。

日本人が美徳として持つ心などをわかりやすく解説してくれています。
私はこの内容を読んでいて「美しい物」と「醜い物」両方を感じました。

この「武士道」が良い方向で理解・行動できれば、
日本人としてとても心地良いであろうと思います。
それは「美しい物」と感じました。

「醜い物」とはこの「武士道」を違った方向に理解してしまえば、
「日本人としてどうかな?恥ずかしいな」と思える事や、
自分の中にある「何となく嫌だな・邪魔だな」と感じる部分も
同じものであるのではないかと気付かされた気がします。

そんな諸刃の剣を渡された様な気持ちになりました。

とは言えこの「武士道」は日本人の根底にあるものだと思うので、
それが良い方向に向かえるよう、素直な心で此れを読んで、
自分の思想行動を省みる事は必要な事だと思いました。