このサイトについて

ワードプレステーマ JIN 使ってみた

こんにちはMSHTです。
今回はこのサイト「日々退化」の外観を変えた事について書きたいと思います。
この程度のサイトに1万円を超えるテンプレートを購入したけどどうだったの?」って内容です。
今回は文章のみで地味ですがお付き合いください。

先に書いときますが私はプログラム知識も無く、初期のHTMLを参考文を見ながら少しだけ(運が良ければ)変更できる。
そんな程度の私がサイト弄るためにちょっとだけ背伸びしたよって内容ですので、鋭いツッコミはご遠慮下さいませ。

このサイトはワードプレスと言うブログソフトを使ってまして、サイトの外観をテーマと言われるテンプレートで簡単に変更することができます。
テーマにも有料・無料があって、無料テーマでもかなりの数があり、めちゃくちゃ凝った事もできるし、そのままでも十分カッコイイ見た目にすることができます。
カスタマイズもCSSとか何とか言うやつを勉強すれば可能らしいです。しらんけど。

そんななか有料テーマは自分的には高価(1万超えが多い)で、そのテーマを使ったサイトやデモサイトを見ることは出来ますが、実際に自分のサイトに適応してみるとどうなるか?というのは購入しないと出来ない(出来るのもあるかもしれません)。
いくつか購入して試してみるなんて贅沢な事は出来ません。

有料テーマに興味を持ったのは、
無料テーマをたくさん試してみてどれもパッと見良いけど、何かを妥協しないといけない。
どことなく不満なのでまた違うテーマを試すのを繰り返し。
そのサイクルに嫌気がしてきたからでした。

なので調べました。

・初心者でもとりあえず形になる。
・少しずつでもサイトのクオリティを上げていける。
・細かい事でも気になったところをカスタマイズしやすい。
・分からないところがあれば、検索すれば先人の知恵を拝借できる。

このあたりを条件にテーマを調べました。

結果JINという有料テーマを購入しました
価格は14800円。正直辛い出費です。

ここからは無料テーマを数十個試したうえで、有料テーマはJINしか使った事のない私の意見です。

結論から言うと、買っても買わなくても良い。です。

なんだそれ。と思われるかもしれませんが、
有料とはいえ無料も含め数あるテーマの中の一つです。
使ってみたいと思ったテーマが有料であれば、お金を払って利用する
ただそれだけの事だなと思いました。

とはいえ、このJINというテーマは私が今まで使ったテーマの中で一番使いやすかったです。
ここはこうしたいなーと言った細かいカスタマイズもわりと簡単にできそうです。
無料テーマは英語表記が多いですが、JINメニューが日本語なのはありがたいです。
今までタグを調べて手入力していた事も、JINのメニュー選択で簡単にできました。
一番大きかったのは「お金を払ったのだからこれで何とかしよう。」と決めた事で、
他のテーマを探して試してみる時間が無くなった事。

趣味に使うツールですから自分が納得できれば金額なんて関係ないんです。
これが良いと思えば、使えばいいんです。

しかしこれは私の持論であって、人それぞれだと思います。
本格的にサイト収益を目指している方は、それなりのテーマ(SEO対策に優れているとか)を利用するのでしょうけど、
私の様にお小遣いの足しになればラッキーくらいに思っている方には、その購入代金をコンテンツの充実に使うのも良いと思います。
無料のテーマが充実しているのにわざわざお金を払うことに難色を示す方もいるでしょう。

有料テーマを使っただけではアクセスは増えませんし、収入も増えません。
結局は自分の発信するコンテンツとサイトの質と構成次第ですので。
最終的にSEO対策やアフィリエイト対策などの補助装置が充実しているのが有料テーマなのかなと。

今は自分の未熟さからお金を払っただけの価値を感じることは出来ませんでした。
しかしお金を払ってそれなりの環境を手に入れることで、モチベーションにつながる、、、かもしれません。
そんな感じです。

追記:いろいろ弄ってみての感想

有料テーマ「JIN」はシンプルな無料テーマと違って、設定項目や表示部分が多いです。
未だに意味の分からない項目もあるし、どうやって変更したらよいのか分からない部分もありますが、細かく検索すると解決策が見つかる事が多いです。

ネット上に同じようにつまずいた内容や、よくある質問等の解決策がたくさんあります。
この膨大な先人の知恵がこのテーマの価値ではないかなと思いました。

初心者ほど有料テーマを使えと書いてあったサイトも数多くありましたが、こういう事なんだと理解することが出来ました。
それを踏まえての価値だと思えば・・・ やっぱり高い買い物だったかな?
自分の未熟さが原因ですからね。もっと精進しなくては。